日本初?本格的ナチュラルホルンアンサンブル始動

ナチュラルホルンって何?

モーツァルトやベートーヴェンの時代のホルンは、今日のホルンのような弁のついていない、ただ真鍮の管を巻いただけの楽器でした。

それより遡るバロック時代(ホルンの誕生したころ)には、唇の操作だけで音を変えていたのですが、古典派の時代になると、ベルの中の右手を塞いだり微妙な操作をすることにより半音の違いまで吹き分けていました。

19世紀になると、この右手のハンドストップ奏法に磨きがかかり、作曲家たちもそのオリジナリティに富む音色と表現力に魅せられ、ホルンを生かす作品を生み出してゆきました。

実は、オーケストラ作品のかなり多くの作品は、この今日ナチュラルホルンと呼ばれている無弁のホルンのために書かれたものなのです。

ナチュラルホルンを知らずしてホルンについて、音楽について何を語ろうぞ!

〈ナチュラルホルンアンサンブル東京〉は、ナチュラルホルン演奏の普及を目的として2016年に結成。おそらく日本初のプロフェッショナルなナチュラルホルンアンサンブルである。略称は「ナチュホ」「ナチュホ東京」。

 メンバーは大野雄太(東京交響楽団)、大森啓史(千葉交響楽団)、下田太郎(The Orchestra Japan)、塚田聡(東京フィルハーモニー交響楽団)、伴野涼介(読売日本交響楽団)、藤田麻理絵(新日本フィルハーモニー交響楽団)といったモダンホルンでも一線で活躍するナチュラルホルンの魅力にとりつかれた6名。

 2017年2月の第1回に続き2018年3月には第2回コンサートを開催。レパートリーを増やし、少しずつ活動の場を広げてゆく予定。乞うご期待。

 結成の会議から、しばしば開催される話し合いの会場がなぜか「銀座ライオン」である確率が高い。ビールを飲むことも大好きなアンサンブルである。